『歌ってみた』マイクの選び方 IF(インターフェース)があることによって。
top画像

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IF(インターフェース)があることによって。

※商品画像をクリックすると商品ページに移り、値段がわかります。




IF(インターフェース)があることによって、どんな違いがあるのかを説明します。

まず↓の画像を見てください。
EDIROL USB オーディオキャプチャー UA-4FX
これはUA-4FXというIFです。
こんな感じのものがIFと思ってください。

IFを使うことによるメリット、デメリットを説明します。
メリット
・ノイズがなくなる。
IFなしでの場合マイク録音のとき、音楽を聴くときなどに少しノイズが入ります。IFを使うとそれがなくなります。
・音質が上がる
音質が格段に上がりますね。これは私もIFを買っているので実証済みですw。
↓私が持っているIF

15000円ぐらいで非常にやすいですが音質はかなり変わりました。
お勧めします。

まあ、こんなもんでしょう。

デメリット
・値段が高い。
安いものならば5000円とかで売っています。しかし、いいものを使おうと思うと何万ものお金がいります。

[ 2011/03/15 18:53 ] マイク選びの基本 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。